占い ベンジャミン・バトン 数奇な人生 | K-Note
私的メモ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - -
ベンジャミン・バトン 数奇な人生
原題:The Curious Case of Benjamin Button
製作:2008年/アメリカ
監督:デヴィッド・フィンチャー
出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ジェイソン・フレミング、タラジ・P・ヘンソン、ジュリア・オーモンド他
公式サイト:日本語英語
試写会にて鑑賞。
久々に洋画では良作といえる作品じゃなかろうか。
ウチとしてはブラピが特に好きというワケでもなく、余り見ないジャンルの映画(でも、いちをファンタジー?)だけれど、なかなか良かったですヨ♪
80歳の身体で生まれ年を取る毎に若返っていくという数奇な運命を辿るベンジャミン、ごく普通に生まれ年を取っていく運命の女性デイジー、同じ時を同じ流れで過ごすことのないこの二人を中心に話は展開。
見た目の姿は違えども、それぞれ出会いと別れ、喜びと悲しみを経験し、成長していく姿が淡々と描かれていきます。
二人は子供の頃に出会い、お互い惹かれつつも何度もすれ違いを繰り返し、とうとう二人の時間が交差した時、二人は愛し合い固い絆で結ばれ、僅かながらも幸せといえる時間を過ごすが…それは長い人生のほんの一瞬でしかなく。
お互いを想えば思うほど、すれ違っていく心と身体の違いが、見ていて何だか切なくなりました…。
老人の身体で生まれて直ぐにに実の父親に捨てられ、最愛の人の温もりの中で赤ん坊として最期を迎えたベンジャミンの人生は、はたして不幸だったのか幸せだったのか…?
生と死、人生とは何か、色々と考えさせられる内容でした。
まぁウチなんて殆どムダに時間を使っちゃってるけどね…orz
ブラッド・ピットとケイト・ブランシェットの年齢による風貌の変化を見事に表現した特殊効果も素晴らしい。←あれは特殊メイク?CG?若い時の二人はとても美しかった。
しかし、字幕を見ててふと思ったんだが、ベンジャミンの実の父親のセリフで“バトン社のボタン”ってのがあったんだけど、この訳はちと変だよな(汗)。
だって英文にしたらどっちも同じ“button”なのにさ、とかツッコミ入れてみたり。←某ジェンスのバトンの綴りも一緒だもんね〜w
ちなみに、上映時間は2時間47分。
人の一生を描くんだから長いのは当たり前っちゃー当たり前なんだが、結構個性的なキャラが多い(?)ので飽きずに見れたような気がします。
中でも時々現れる雷じぃさんがツボw←あのシーンが入る度に吹きそうになったゼ=3
00:54 Movie comments(0)
スポンサーサイト
00:54 - -
comment
send



/PAGES